スタッフコラム

2020.08.28

スタッフコラム

中国論文数、世界一に米国抜く!日本は4位


自然科学系の学術論文数で、中国が米国を抜いて世界1位になったことが文部科学省科学技術.学術政策研究所が公表した報告書「科学技術指標」で明らかになった。


20年版によると、国.地域別の論文数(16~18年の平均)で中国は19.9%を占め、18.3%の米国を抜き、初めて世界1位になった。日本は4.2%で4位だった。注目度が高い上位10%の論文、同1%の論文は依然として米国が1位だった。ただ、2位の中国が肉薄し、両国間の差は縮まっている。日本は上位1%の論文で20年前は4位、10年前は7位だったが今回は9位と低落傾向が続いている。18年の研究開発費総額は、日本は17.9兆円で、米国(60.7兆円)、中国(58兆円)に次ぐ3位。中国は前年比10.3%増と、主要国の中で最も高い伸び率を示した。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

 
contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.