スタッフコラム

2019.02.28

スタッフコラム

近年のオフィス事情… 最近は新築(内装付き)のおすすめ物件が多数でています!

http://sztqb.sznews.com/MB/content/201807/12/content_414597.html


上半年,深圳甲级写字楼租赁需求持续活跃,福田区和南山区表现尤为强劲。据统计,深圳甲级写字楼平均租金为245元每月每平方米,创历史新高,同比增长6.3%。2008年以来,深圳甲级写字楼平均租金的年复合增长率达到5.1%,超过上海的2.8%,和北京的-0.4%。

从报告的入市项目可以看出,租赁主力行业主要为金融、科技、专业服务和先进制造业。其中,金融和科技占租赁成交的五成。福田租户大多以专业服务和金融为主,南山租户以科技和先进制造业为主,兼有专业服务,仅大疆创新科技在南山荣超后海大厦就租下15个楼层,成上半年租赁最大单。

2018年上半期には、深センのグレードAオフィスのリース(賃貸)需要が引き続き活発になり、福田区と南山区が特に強い傾向を示す。統計によると、深セン市のグレードAオフィスビルの平均家賃は1平方メートル当たり245元で、昨年比過去最高の6.3%増となった。 2008年以降、深セン市のグレードAオフィスビルの年間平均成長率は5.1%に達し、上海の2.8%、北京の-0.4%を上回っている。

新プロジェクトの市場参入報告書によると、リースの主な産業は金融、技術、専門サービス、先進的製造業であることが分かる。そのうち、ファイナンスおよびテクノロジーはリース取引の50%を占めている。

 

2018年第二季度深圳写字楼市场速递(戴德银行)

http://www.docin.com/p-2121416564.html (2018Q2)

グレードAオフィスビルの家賃(RMB/月/㎡)



 

CBDのグレードAオフィスの家賃と空室率

 

新しいグレードAオフィスの供給

 

2017年深圳写字楼市场调研报告(戴德银行)

https://wenku.baidu.com/view/2fe1b15e876fb84ae45c3b3567ec102de2bddf8c.html
(2017Q3)深センオフィス家賃のレベル

家賃のレベルは滑らかな上昇、福田は常に先導傾向にある

 


 
 
 
 
 
 

深センのオフィスの空室率状況



 

深センのオフィス物件 今後の供給状況

グレードAオフィスビルの一部

 

https://www.sohu.com/a/227174073_161795

 
从产业分类来看,福田区是全市写字楼最高也是租金最贵的区域;需求主要以金融、保险、银行、证券这类型的公司为主;这类公司的特点是付租能力较强,对写字楼的形象要求也较高;但是在需求的体量上普遍在500平方米至2,000平方米的区间;较少有大面积全楼层或者多楼层的大宗交易;

 
業種別にみると、福田区は深圳市で最も高層ビルが建ち並び、高額なエリアとなっており、主に金融、保険、銀行、証券などの企業を基盤として、高い賃料を支払うことができる企業が多いことが特徴です。 ビル外観のデザインもレベルが上がっていますが、一般的な需要は500平方メートルから2,000平方メートルとなっており、フロア全体や複数のフロアを賃借するような大規模な取引は減ってきている傾向にあります。

 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深圳市罗湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深圳市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

 
contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.