スタッフコラム

2021.01.10

スタッフコラム

独禁法でアリババに罰金、IT大手締め付け強化


中国国家市場監督管理総局は昨年12月14日、同国電子商取引最大手・阿里巴巴(アリババ)集団の投資子会社に対し、企業買収時に必要な申告を行っていなかったとして、独占禁止法違反で罰金50万元(約800万円)を科したと発表した。中国当局は巨大化するIT大手への締め付けを強めている。中国ではアリババやインターネットサービス大手・騰訊(テンセント)などIT大手によるネット上のサービス基盤(プラットフォーム)の寡占が進む。同総局は昨年11月、独禁法に基づく電子商取引や電子決済サービスへの監視強化の指針案を公表していた。


アリババの投資子会社は2017年に百貨店大手、銀泰商業集団の経営権を取得したが、事前に必要な申告をしなかったとされる。同総局は、テンセントが出資する電子書籍配信企業など2社にも罰金を科した。同総局は声明で「オンライン経済の市場集中度は一段と高まっている」と指摘。罰金には「ネット分野で監視を強化するというサイン」を送る狙いがあると説明した。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.