スタッフコラム

2018.10.08

スタッフコラム

深セン中心部で光のショー ライティングにかかる費用は全体で約2.38億元とのこと・・【ショーを満喫出来るスポットもご紹介!】

    今年の国慶節の連休に、深センにいる多くの人がWeChatのモーメンツに流れていた光景、これは深センの福田CBDで年末まで開催されている光のショーである。



    深セン市城管局のデータによると、9月28日の夜に始まって以来、10月6日の夜までに、深セン連花山と市民センターの鑑賞地点に集まった人は112万1千人に達したとのことで、国慶節の10月1日が一番多く1日で21.8万人に達していた。


    多くの人が集まったこの光のショーの裏には、一体どのくらいの工程がかかり、どのくらいのお金が投資されているのか、一回のショーにどのくらいの電気代がかかっているのか、深セン市の関連部門に聞いてみた。



    9月28日に始まって以来、福田CBDで行われているこのショーは毎日数万人から数十万人の人を引きつけている。ある人は3~4時間も前からこの場所に来て、一番良く見える場所を確保していたという。現場ではショーが始まる際に掲示される3,2,1に合わせて皆が声を出し、ショーが始まる。“山海の城、改革の窓、創新の都、和諧の境”という4つのテーマで表現される内容は深センの発展ストーリーを表現し、現場に来ている市民を圧倒している。


    このショーにおいて電灯を施工したのは深セン凱銘電気照明有限公司で、この企業は国家級ハイテク企業に認定されている。深セン凱銘電気照明有限公司のエンジニア陳志文氏は、このプロジェクトには建物だけで80万個、広場に75万個で計150万個の電灯を使用している。この内の90%が深センの地元企業が生産提供しているものである。



    また、このショーにおける投資については、深セン市福田区城管局が次のように回答している。福田CBDでの光のショープロジェクトには約2.38億元(約39億円)が投資されており、その中で施工だけで1.89億元(約31億円)となっている。



    このような投資規模は全国の中でどのような位置づけになるのだろうか。福田CBD照明プロジェクト設計責任者で清華同衡規劃設計研究員 環境研究所副所長の陳海燕氏は次のように話している。深セン福田CBD光のショーのプロジェクトの投資額は近年の国内都市の夜間照明に比べると低いです。これ以外にも深センでは演出用の電灯の密度や効率を改良し上げているため、一回ごとの電気代は839元(約14000円)しかかかっていません。


    この光のショーは今年いっぱいまで毎日開催される予定で、平日は1日2回、週末は1日3回行われる。


期間:2018年9月28日(金)〜2018年12月31日(月)
スケジュール:日〜木は19時・20時の計2回。金、土および祝日は19時・20時・21時の計3回
場所:福田の中心部の高層ビルが中心。深センで最も高い平安国際金融中心なども参加しています。



福田における「深センライトショー」のイルミネーションに協力しているビル数ですが、目視で確認できた分では約30の高層ビル。主要なビルは以下のとおりとなります。


  • 平安国際金融中心
  • 安联(アリアンツ)
  • 中国移動
  • 深セン金地中心
  • 大中華グループ
  • 深セン免税
  • 中国電信
  • CTS(中国旅行社)
  • 中国太平保険
  • 中国建設銀行
  • 広東華興銀行

深セン蓮花山の山頂(といっても標高60mほどです)、市民中心広場からの眺めは左右にビル群を見ることができるので、ロケーションとしては最高です。


市民中心広場は最も人気のスポットとなっており地下鉄2号線・4号線の【市民中心駅】を出て1分のところにあります。


不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.