スタッフコラム

2021.05.23

スタッフコラム

尖沙咀(広東道)の店舗賃料アジア最高、3位は銀座


香港紙、信報(A12面)によると、米不動産サービス大手クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドが発表したアジア太平洋地区の2020年の商業街の賃料リポートによると、香港の九竜地区・尖沙咀広東道の賃料が1平方フィート当たり1045香港ドル(1万4525円)で首位だった。2位が香港島・銅鑼湾羅素街(単位当たり963ドル)で、3位は東京銀座(795ドル)だった。


ただ、リポートは新型コロナウイルス流行で、賃料が大幅に下落したと指摘。下落幅は、首位の尖沙咀広東道が前年比35%減、2位の銅鑼湾羅素街は43%減と落ち込みが目立った。これに対して、東京銀座の下げ幅は5%にとどまった。


調査は昨年アジア太平洋地区の商業街124通りを対象に実施。うち85余りの通りで賃料低下がみられた。香港4大商業区の第4四半期(10~12月)の賃料は38%減で、下げ幅が最大だった。


 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.