スタッフコラム

2019.03.05

スタッフコラム

世界最大の電気街【華強北】28の巨大ビル(合計50万㎡)に1日50万人の来訪者を集め年間1000億元(1兆7000億円)を超える売り上げをたたきだしている

華強北電子街/福田区

 深圳の秋葉原と言われる華強北(ファーチャンベイ)、ここでの1週間はシリコンバレーでの1ヵ月などと言われる。 パーツを売っている部品街として始まったこの街は、深センの工場や製造業者のほか、安い製品を仕入れに来る世界中のバイヤーから僕みたいなマニアを含め、28の巨大ビル(合計50万㎡)に1日50万人の来訪者を集め、年間1000億元(1兆7000億円)を超える売り上げをたたきだす。


 世界最大の電気街である華強北は、深センの製造エコシステムの象徴だ。発展に伴い、深センのステージが「下請けの集積」から「独自の製品・ブランド開発」に変わっていくにつれて、華強北に自主品牌のブランドショップが誕生しつつある。そして、華強北に集まる世界中からのバイヤーに対し、ブランドショップは彼らに向けて卸売りの機能も提供している。



 華強北が秋葉原のラジオ会館をモデルにしたのは、当時の日本のイノベーションが、そこで部品の情報をやりとりして新製品を開発する中小メーカーたちで作られていることに着目したからだった。同じように、モノと情報が流通するエコシステムを作ろうとしたのである。時代が変わった今でも、華強北はモノや情報、世界へのアクセスを提供するエコシステムが作られている。

秋葉原をモデルにした、超密集電気ビル「賽格広場」

 毎日新鮮な魚が並ぶ築地市場のように、深センの電気街「華強北」(ファーチャンベイ)には毎日発明品が店に並ぶ。多くは逃したら二度と買えない、一回限りの新製品だ。

 賽格広場では、商品がみっしりと詰め込まれた1m売り場が、さらに1Fから10Fまでぎゅうぎゅうに埋まっている。電気街としての営業面積は4万8000m2と言われる。「ヨドバシAkiba」(営業面積2万3800m2)の2倍近いサイズの巨大な建物が、ほぼすべてこのような小店舗で埋まっていて、総店舗数は3000を超える。

 この賽格広場の「巨大なラジオ会館」モデルは大当たりし、華強北電気街全体では現在、21の巨大電気ビル(床面積1万m2以上のもの。総ビル数は717といわれる)、1万店舗以上が集積している。最近はオンラインショッピングでの取引が多いが、ピーク時にはこうした小規模店が、年間500万円ほどのテナント料だったという。

(上)賽格広場ビルの内部。「1m売り場」と呼ばれる密度でみっしり店舗が集積している /(下)別のビルの1m売り場を上層の吹き抜けから撮影したもの。密集ぶりがわかる

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn


<羅湖オフィス>
住所:深圳市罗湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210


<南山オフィス>
住所:深圳市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.