スタッフコラム

2020.08.12

スタッフコラム

中国マスク業者、年内95%破綻へ・・コロナ下火で価格急落


 
中国英紙グローバル・タイムズによると、新型コロナウイルスの流行が下火になった中国で、マスクの供給能力が需要を大幅に上回り、価格が急落している。最近の価格は2月の水準から80~90%も下落。年末までに95%の業者が経営破綻し、米食品医楽品局(FDA)や欧州連合(EU)の輸出許可を有する5%しか生き残れないとの予測も出ている。


 
14日の中国株式市場では、マスク関連銘柄が全面安となった。江蘇南方衛材医楽が値幅制限いっぱいの10%安となったほか、夏门延江新材料は8%超下落した。同紙によると、コロナ流行が本格化した2月には数百社程度だった中国のマスクメーカーは1万社を突破。1~6月の繊維製品(マスク含む)輸出額は前年同期比32.4%も増加した。専門家によると、既に国内のマスク生産能力は世界全体の需要を上回り、「世界中の人が毎日1枚使ったとしてもなお、中国の生産能力は過剩だ」(大健康国際のバイ.ユ氏)という。


 
山東省の業者は、従来は1日数万枚だった生産能力を、コロナ流行のピーク時は100万枚近くまで増強。最近は国内需要が減少し、損失を抑えるため、減産か工場の閉鎖を検討している。輸出許可を申請してるものの、手続きに時間を要しているという。原材料の高コストも経営の足を引っ張っている。業者の多くはピーク時に極めて高い価格で原材料や設備を購入したものの、マスク価格の下落で「N95」のような高性能マスクを海外で売る以外、利益を保つ手段はない状況だという。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

 
contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.