スタッフコラム

2022.08.15

スタッフコラム

インフルエンザワクチン 早めの接種に専門家が見解

広東省、海南省、湖南省など、中国南方地域で最近、インフルエンザが流行。これを受け、広州市ではインフルエンザワクチンの早期接種についての見解を述べた。


見解によると、昨年9月~今年5月までにインフルエンザワクチンを接種をした人は今年10月まで接種をしなくてもよく、また10月以降、新たなインフルエンザワクチンが登場するので、それを待ってから接種するのも良いということがわかった。


WHO(世界保健機関)によると、毎年2月頃に今年のインフルエンザワクチンが生産され、8月頃に市場に流通するのが一般的であるが、中国国内では例年よりも早くワクチンが流通。関係者は「インフルエンザは冬に流行するものと思われているが、熱帯エリアでは、一年通じていつでも発生する。ゆえに、ワクチンは適切な時期になるべく接種しておくべきだ」と話していた。


 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.