スタッフコラム

2020.10.01

スタッフコラム

【香港】伝統と創作の組み合わせ、70年受け継がれてきた「鷄蛋仔」ホンコン スイーツ①

「鷄蛋仔」は香港の伝統的なローカルグルメ。その姿は無数の小さな卵の組み合わせのようなデザイン。卵、砂糖、小麦粉にエバミルク、これだけだ。食材こそシンプルだが、国際色豊かなお菓子だ。広東語で「仔」は「小さな」を意味し、すなわち「鷄蛋仔」は小さな卵の意。外側の層はビスケットのように歯ごたえがあり、内側の層はケーキのスポンジように柔らかく、卵の優しい香り、内側の層はケーキのスポンジように柔らかく、卵の優しい香りが広がる、老若男女問わず幅広い層に愛され続けている。


1950年代、香港での卵供給は非常に厳しかったとのこと。一部の商人は卵の形をした食べ物を作るだとか、卵に対し飢えていたようだ。その後、割れた商品にならない卵の無駄を省くため、ワッフルの作り方を参考に、卵の形をした食べ物を作ったのが卵ワッフル、「鶏蛋仔」の元祖だ。その後時を経て、見た目や味わいが大きく変化した。当初、鶏蛋仔は実際の卵の大きさであったが、その後お客さんが食べやすいように複数の小さな卵になるように変更し「鶏蛋仔」の名前が付けられた。


現在は一般的なものはオリジナルのチョコレート味の他に様々な味を提供するショップが増え、異なる新しい味を作り出す。チョコレート味やスイートポテト味の甘味以外に、チーズ、ソーセージ、ポークフロスなどの塩つ気のある味に変えた店もあり、豊富な味わいが生まれている。香港にて至る所で見かけることがでいる鶏蛋仔、その中でも「マミーポンケーキ」は、近年香港で最も人気のあるショップの1つ。かのミシュランに認められ、2016年から2020年まで5年連続で香港の推奬ストリートフードに選ばれている。オリジナル味に加えて、20種類以上の違った味も提供し、さらに新しい味も提供している。チョコレート、チーズ、子豆味が大変好評だ。


他にも当店は多くのユニークな香港式の飲み物もあり、「港式奶茶」はもちろん、「鹹檸七」(セブンアップ+塩レモン+ミント)、「黒牛」(コーラ+チョコレートアイスクリーム)、「白牛」(セブンアップ+バニラアイスクリーム)など、その独創的な商品の数々は香港の人々を楽しませてくれている。


 

Mammy Pancake

住所:Shop 1A15,G/F.,99 Dock St., Whampoa Estate,Hunghom

時間:12:00~22:00

ウェブ:www.mammypancake.com.hk

 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

 
contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.