スタッフコラム

2019.10.26

スタッフコラム

2020年末に証券外資規制徹発——中国、対外開放アピール

中国証券監督管理委会は金融分野への外資参入規制に関し、証券会社の出資規制を2020年12月1日に撤廃すると発表した。ワシントンで10日に始まった中米の閣僚級貿易協議をにらみ、金融市場の対外開放をアピールする狙いもあるとみられる。

 

 
中国政府は今7年月、21年に予定していた証券会社や生命保険会社の外資出資規制の撤廃を20年に前倒しする方針を表明。同委によると、証券会社のほか、先物会社の出資規制を同年1月1日、投資信託会社の規制を4月1日にそれぞれ撤廃する。


 
中国では昨年、証券会社の外資出資比率の上限が49%から51%に引き上げられた。野村ホールディングス(H D)が今年3月に51%出資の合弁会社設立を認められたほか、大和証券グループ本社も先月、同様の合弁設立を申請している。

 

 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.