スタッフコラム

2021.04.17

スタッフコラム

香港とシンガポール往来再開にワクチン接種必須


シンガポールの運輸相は3月29日の記者会見で、香港政府から提案された往来再開について検討しており、近いうちに回答すると語った。30日付の経済紙ビジネス・タイムズ(2面)などが伝えた。


香港政府はシンガポールに対し、新型コロナウイルスのワクチン接種完了者を対象に隔離不要でシンガポールと香港を往来できる「トラベルバブル」枠の直行便就航を提案した。中国香港では過去7日間の経路不明の市中感染者数が1日平均5人未満にまで低下した。シンガポール側ではコロナ感染はほぼ抑制されており、過去1カ月間の市中感染者は合計でも8人にとどまった。


運輸相は「香港は過去数週間、コロナ感染拡大が抑制された状況にある。非常に明るい進展だ」と評価した。香港政府の商務経済発展局長官は、トラベルバブルに参加する香港住民は、少なくとも渡航14日前に2回目のワクチン接種を終えていることが必須条件になると説明。シンガポール政府から回答を待っている状態という。


シンガポールと中国香港は2020年11月にトラベルバブルを開始する予定だった。しかし、最初の直行便の就航直前、中国香港での感染者数急増により延期となった。トラベルバブルは、直近7日間における経路不明の市中感染者数の1日平均が5人を超えた場合に2週間停止する取り決めになっている。停止期間最終日の移動平均感染者数が5人以下になれば再開できる。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.