スタッフコラム

2020.03.10

スタッフコラム

近年急成長中!『中国カフェブランド3選』ご紹介

チーズティーでおなじみ『喜茶 HEY TEA』

中国茶にチーズをトッピングしたドリンクで知られる、深圳市発祥の店。

20代から30代を中心に人気を集め、17年にオープンした上海1号店には約7時間待ちともいわれる行列も。

創始者の聶雲宸氏は21歳で同店を立ち上げ、現在では400店舗以上を展開。

聶雲宸氏は米国経済誌「フォーブス」が選ぶアジア版「世界を変える30歳未満の30人」にも選ばれた。

今年春には日本進出を予定している。


 

店舗数でスタバ超え「luckin coffee 瑞幸珈琲」

2018年の1号店オープン以来、中国国内で急速に店舗数を拡大するコーヒーチェーン。

昨年末には4507店まで伸ばし、ついにスターバックスを抜いた。

商品はスマホ専用アプリで注文し、出来上がると通知が来てスムーズに受け取り可能。

さらにコーヒーを2杯頼むと1杯サービスなどお得なキャンペーンも。

店舗数拡大の一方、創業以来赤字が続くが、創業者の銭治亜氏は「戦略的赤字」としており今後に注目が集まる。


 

新スタイルのお茶で人気「奈雪の茶」

深圳の品道餐飲管理有限公司が中国国内で約400店展開しているティードリンクチェーン。

フルーツをベースにしたチーズティーと欧州スタイルの菓子パンが主力商品。

20歳から35歳の女性をターゲットにしている。

昨年からはアルコール類も販売する「奈雪酒屋BlaBlaBar」を出店。

香水瓶を模した容器で提供するメニューもあり、客によるSNS発信をうまく活用している。

今年は日本・米国への出店を計画中だ。


 
 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.