スタッフコラム

2020.11.06

スタッフコラム

漢方医学の知恵、広東で広く愛飲されている「涼茶」


広東で広く愛飲されている「涼茶」。高温多湿という気候の中で、より快適に過ごすため古くに生み出されたこの民間の滋養法は長い歴史が培った智恵である。涼茶とは茶葉の名前ではなく、体を「涼しく」する目的の漢方茶やハーブティーを指す。いろいろな生薬を煮出してつくられおり、一言で涼茶と言っても種類は様々だ。ハーブティーといえば飲みやすそうに聞こえるが、飲むのが困難なほどの苦みのあるお茶も。しかしその最大の効能はどれも同じで「身体にたまった熱をとる」ことになる。涼茶は熱気(香港や広東では「熱気」が体に溜まると、ニキビや吹き出物、イライラ、偏頭痛、だるさ、肩凝り、喉の腫れなど、体に「いやな症状」を引き起こすといわれている)をとる効果があるとされる。その他、鏡で舌を見て白い苔のあるときや、ニキビや便秘が気になるときに飲むと改善されるという。これは暑い地域で、体の温度を下げバレンスをとるという中国医学の考え方に基づいた健康法だ。
 

感冒茶 原料は根付きネギ、ショウガ、ミントとタントウシ。風邪をひいた時に飲まれ、のどの腫れ、鼻水、鼻づまりの改善、解熱。

 

甘四味 お店により原料は異なるが、20種類以上の漢方薬を調合して煮出したブレンド茶。熱や湿气をとり、便通促進、吹出物に效く。

 

酸梅湯 乾燥したサンザシ、烏梅、甘草が原料。食欲增進、消化促進に效果的。

 

亀苓茶 亀ゼリーのお茶。体内の有毒な物質を排出するデトックス效果があるとされる。

 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.