スタッフコラム

2018.09.21

スタッフコラム

深圳市南山区の緑豊かな広場にある 「若葉こども園」今年リニューアルした園内で宮崎先生にインタビューを決行!

若葉教育センターでは日本人向け幼稚園の他に 「国際部」 も設けており、

中国人や諸外国の子どもに向けた日本式幼稚園は深圳内で当園のみとなっている。
また、 今年は園内をリニ ューアルし、子供たちがより安全にのびのび遊べる環境となりました。
今回は唯尤日式儿童学院の 「国際部」 と若葉こども学園の 「託児保育」 についてご紹介!



PPW編集者は昨年度、同クラスを担当した宮崎先生 国際部に関して話を伺った。

 

PPW:具体的に国際部と日本部の違いを教えて下さい。
宮崎先生:国際部は日本式の教育を望む中国人や台湾人のお子さんが主に国際部に入園しています。英語教育も「国際部」、「日本部」共に実施しておりグローバルな環境を整えることも当園の強みでもあります。また、日本部は日本国籍又は日本の永住権を持っているお子さんです。

PPW:日本式教育について国際部のお子さんの反応はいかがですか。
宮崎先生:大人とは違い、子供の吸収力は本当にびっくりします。文化の違いもあり、根本的に難しい部分はありますが、素直な子ばかりですので、いつも明るく元気な子供たちには私自身も元気をもらう事はあります。いつも騒がしい子が行儀良くなったりするのは、保護者の方から嬉しいお声を頂いています。

 
PPW:教育の観点から文化の違いについて何かエピソードはございますか。
宮崎先生:年一の生活発表会のエピソードですが、国際部の劇の練習が予想以上に進まず・・まとまらず笑 と言うのも、中国人のお子さんは良く言えば、とても元気。悪く言えば、落ち着きがない。は皆さんご存知かもしれません。悪戦苦闘していましたが、当日本番がやって来て、子供達には「とにかく元気良く」と一言。保護者やスタッフも見守る中、国際部の出番がやってきました。入場からいつもと違う雰囲気に圧倒されることなく堂々とした子供達。驚くべき集中力で劇は無事終わり。私も含め、皆が驚いていました。やればできるのだと改めて感じた瞬間でもあり、少しばかり中国人の本質的な部分を見ることができました。

PPW:その集中力は私たちも見習うべきですね!

入園に関する問合せは随時受付中。気になる方は、下記情報と「若葉こども学園」のHPをチェック!

 
また、物件紹介などは不動産NAVI加藤さんまでお問合せ下さい!
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770


contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.