スタッフコラム

2021.10.26

スタッフコラム

山全体が紅葉する「雲髻山」(雲髻山旅遊区)


日本の山間部では秋の風物詩となっている「紅葉」。ここ広東省では秋になっても山全体お色付いている姿を見ることはなかなか難しい。ところがあったのだ!「雲髻山」は広東省で唯一山全体が紅葉する山と言われている。というのも、雲髻山は嶺南地区(広東、広西、海南、湖南、江西にまたがる地域)最大のカエデ科落葉樹の原生林を擁しているためだ。カエデ科のトウカエデ(唐楓=三角楓)は高さ二十数メートル、樹冠が広く、葉の色は海抜の高さに合わせて変化する。「流雲飛瀑」からの下山ルート沿いに最も多く見られる。紅葉の見ごろは11月~12月。主峰は海抜およそ千五百メートルで、「珠江三角洲」地区の最高峰。この広東で唯一雪景色が見られる山としても知られている。ほかにも「広東で唯一」と言われている特徴がある。例えば、「広東で唯一山の裾野から山頂まで登れる」、「広東で唯一四季を感じられる山」「広東で唯一、年間を通じて清水が絶えない山」などと呼ばれる。つまりは、この山の持つ「水、風、花、雪、木の葉」の美しさが人々の心を癒してきた証だ。山容は「老太婆頭上的螺髻(おばあちゃんのラケイ(ほら貝のような髻))」と表現される。「髻(もとどリ)」とは、髪を頭の上に集めて束ねた所のこと。1年中、雲と霧が山を取り巻く姿から、雲が髻に取り巻く、「雲髻山」と名付けられたようだ。


ほかにも、落差百二十八メートルにもなる滝や、広東で唯一のラドン温泉(フッ素、カリウム、ナトリウムなども含む)などがあり、ちょっとした秘境だ。そのため交通の便はあまりよくない。マイカーであれば麓まで直接行くことができるが、今のところ、直接麓まで行ける公共交通機関はない。前もって十分下調べをして現地情報を入手しておこう!今年の秋はちょっと遠出して、紅葉狩りに温泉なんていいのでは


雲髻山(雲髻山旅遊区)

住所:広東省新豊県 時間:7:30~18:30

アクセス:長距離バスの場合、広州から「新豊」まで約3時間。

マイカーの場合、広州から「新豊」まで約4時間(国道105線または省道244線)。

「新豊」から「西坑」まで車で約25分。「西坑」から「雲髻山」の麓まで、徒歩で約20分。

料金:30元


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.