スタッフコラム

2021.04.09

スタッフコラム

働きたい国ランキング、シンガポール8位急上昇!


雇用仲介会社シーク・アジアとオンライン求人サイト「ジョブストリート」が共同で実施した労働者の流動性に関する2020年版調査によると、働きたい国・地域別でシンガポールは8位に上昇した。14年が24位、18年は18位だった。新型コロナウィルス流動抑止で成果を上げていることが好意的に評価された可能性がある。シンガポール紙トウデーが伝えた。


調査は190カ国・地域余りの計20万8807人を対象に実施した。うち9280人がシンガポールからの回答で大半の国民だった。調査対象者が従事する業界は小売・金融・ハイテクなどさまざまだった。1~7位はカナダ、米国、オーストラリア、ドイツ、英国、日本、スイス。9・10位はフランス、ニュージーランドだった。日本は18年の10位から4ランク上昇した。


シンガポールでの就業を希望する労働者の出身地は主に中国、インドネシア、インド、マレーシアなど。欧州から上位10カ国・地域入りしたのはスイスだけだった。ジョブストリートは声明で「シンガポールはコロナへの備えや対応が優れていただけでなく、かねて世界的人材にとって魅力的な就労先だった」と指摘。国際貿易や投資環境のほか、デジタルインフラ、国家の安定性、革新の文化も信頼感を高めていると評価した。その上でシンガポールで働きたいと思うデジタル分野のPMET(専門・管理・幹部・技術)職者が多い国の上位には中国(5位)、カタール(6位)、アラブ首長国連邦(UAE8位)、スイス(10位)などがはいったと説明。「これらの国の人材は高い生活の質を謳歌しており、シンガポールの生活・労働水準は自国の水準に見合う」と指摘したという。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.