スタッフコラム

2021.07.08

スタッフコラム

中国の高速鉄道車両営業時速400㌔開発へ

中国ニュースサイト、中国経済綱が伝えたところによると、中国国家鉄路集団はこのほど、最高営業時速400㌔の高速鉄道車両「CR450」の開発に着手した。西南交通大学の瞿教授が明らかにした。重慶市と四川省成都市の間に、時速400㌔運転に対応した新線の整備を計画しているという。中国国家主席が宣言した「60年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標」の達成に寄与することも期待されているという。


 
CR450には、IOT(モノのインターネット化)や人工知能(AI)、ビッグデータ次世代移動通信システムなど最先端技術を取り入れる見通し。瞿氏は中国科学アカデミー会員で、CR450の動力部門の開発に携わっている。


 
中国は現在、北京と上海、天津、張家口を結ぶ三つの路線と、重慶と成都を結ぶ路線において、最高時速350㌔での営業運転を行っている。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.