スタッフコラム

2020.01.25

スタッフコラム

世界空港の定時運行率ランキング、大連国際空港が中国首位

航空運行データサービス会社の飛常準(VariFlight、安徽省合肥市)が1月17日に発表した、2019年版の「世界空港、航空会社定時運行率リポート」によると、世界の大中規模空港の定時運行率ランキングで、大連市の大連水周子国際空港が83.95%で9位にはいった。中国の空港では首位だった。


 
リポートによると世界の空港の平均定時運行率は75.58%、平均遅延時間は26.47分。

中国の空港の平均定時運行率は75.57%で平均遅延時間は28.11分だった。



 
ニュースサイトの環球網によると、空港の定時運行率で世界首位は大規模空港では新千歳空港、中規模空港では大阪伊丹空港といずれも日本の空港だった。


新千歳空港(定時運行率で世界首位)


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.