スタッフコラム

2019.08.03

スタッフコラム

不思議いっぱい『マングローブ』の世界——【深セン紅樹林海浜生態公園】


 
日本では沖縄以外ではなかなかお目にかかることのない「マングローブ」。ここ『紅樹林海浜生態公園』では手軽に見ることができる。「紅樹林」とはマングローブのこと、深圳湾は外海ではなく、「珠江」という大河の入江にあり、しかも天然の防波堤に恵まれているため、海水と淡水が混じり合う「汽水域」が存在する。

 

 
この公園を散策するにあたってポイントとなるのは「紅樹林=マングローブ」。これを押さえておけば、もっと楽しく有意義な散策になるはずだ。実はこの「マングローブ」という名前の植物があるように思われがちだが、実は植物名ではなく汽水域にある「森」のことを指している。

 

 
水に浸ってしまう、しかも塩分にさらされる過酷な環境の中で生息できるのはなぜか?海中の泥に根をはっても酸素を取り入れられるように「呼吸根」や「支柱根」という特別な根があるなど環境に上手く適応しているのだ。では、塩分の多いところなのになぜ枯れないのか?一部の葉っぱだけ塩分を溜め込み、他の葉っぱを守っているらしい。木のために自らを犠牲にして落葉する葉っぱがあるのだ。黄色くなり落ちた葉はしょっぱいに違いない。

 

 
泥や土などが直接海に流れ込むとプランクトンが大量に発生して海の生態系を乱してしまう。マングローブはそうした余計なもの受け止めるフィルタ-のような役割も果たしている。難しいことを考えずにのんびり景色を見るのも良い。深圳湾を挟んだ向こうには、香港や深圳湾大橋が見える。ぼーっと海風に吹かれながらゆっくりできる場所のひとつである。

 

 
住所:福田区浜海大道和深圳湾畔

電話:(86)755-8370-8339

アクセス:地下鉄1号線「僑城東」駅下車、徒歩約15分。

快速バス、K113、K204「紅樹林」バス停下車すぐ

料金:無料

開放時間:8:00~20:00

 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

 
contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.