スタッフコラム

2021.10.10

スタッフコラム

上海蟹の基礎知識①

上海蟹とは?

学名「Eriocheir sinensis」。10cmほどの淡水蟹。日本では「上海蟹」の呼び名が一般的だが、中国では「大闸蟹」と呼ばれている。江蘇省陽澄湖付近が名産地で、陽澄湖産をかたった偽物が出回るほどブランドになっている。陽澄湖の上海蟹は、安徽省丹陽湖の花津蟹、河北省白洋淀の勝芳蟹と合わせて「中国三大蟹」と呼ばれている。


雄雌見分け方
雄(オス)体長大きめ。お腹下に三角形のお部分あり

雌(メス)やや小ぶり。お腹部分は丸い(おにぎり型)


旬を知ろう
「九雌十雄」といい、旧暦九月には卵を蓄えた雌、旧暦十月には白子が豊富な雄がおいしいと言われている。2021年の今年は10月半ばに雌、11月半ばに雄が食べごろ。雄雌とも秋頃に出始め、年末あたりまでが上海蟹シーズンになる。


なお、上海蟹の赤ちゃんは黄色い甲羅と旧暦6月頃に市場で取り引きされることから「六月黄」と呼ばれている。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.