スタッフコラム

2022.06.10

スタッフコラム

ラッキンコーヒー 香港上場へ、起死回生狙う

サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)が5月9日報じたところにると、中国のコーヒーチェーン大手、瑞幸珈琲は(ラッキンコーヒー、北京市)は、香港上場を検討している。同社は2020年に不正会計が発覚し米ナスダックから上場廃止処分となったが、このほど債務整理を完了し、香港上場で起死回生を図りたい考えだ。


ラッキンコーヒーは先月、社債の債権者との2年にわたる債務整理を経て破産命令を脱した。不正行為に関与した幹部3人を解雇した後、新しい経営陣が清算人と協力し、中国で事業拡大を続けることが可能になったという。


21年末の中国市場の店舗数は6024店で、競合の米スターバックスの5400店を大きく上回った。


 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.