スタッフコラム

2021.07.05

スタッフコラム

アジア大学ランキング1、2位は中国勢占める

英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は2021年度版「アジア大学ランキング」を発表した。シンガポール勢では、シンガポール国立大(NUS)が3位を維持し、南洋理工大学(NTU)が順位を一つ上げ、19年以来の5位に返り咲いた。6月3日付のストレーツ・タイムズ紙(B6面)が報じた。


 
NUS、NTU共に15年からトップ10位圈内に入っている。1位は清華大学、2位が北京大学と、中国勢が占めた。清華大学が3年連続でトップに立った。


 
21年度版アジア大学ランキングは、20年の489校から増やし、551校を対象に実施。教育・学習環境、研究(研究量、資金、評判)、研究の影響力を測る論文引用数、国際化(職員、学生、研究)、産業界からの収入(知識移転)の5部門の13項目で評価する。


 
NTUの担当者はストレーツ・タイムズ紙に今回の順位上昇の理由は、論文引用と、産業界からの収入の項目で力強さを発揮したと説明。「20年は新型コロナウイルス感染拡大にも関わらず、新型コロナウイルスの迅速検査キット開発など、産業界と積極的に提携してきた」と語った。


 
日本勢では、東京大学が6位となり、前年の7位から上昇。京都大学は前年は12位だだったが、今回は10位にランクインした。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.