スタッフコラム

2019.12.19

スタッフコラム

この冬初めて寒冷警報発令、3日半持続。過去最長記録は25日間

中国香港天文台は12月4日(PM20時30分)、この冬初となる寒冷警報をを発令。8日(AM9時30分)の解除まで、寒冷警報は3日半持続した。


 
警報発令を受け、民政事務総署は香港18区に臨時センターを設けて市民の受け入れ体制を整えた。

社会福祉署は高齢者の健康状態、ひとり暮らしの市民の様子に家族や友人、近隣住民が注意するよう呼びかけ、衛生署は「アルコールは血管を膨張させ体温を奪い、寒さを感じる」と説明した。

香港の天文台が「寒冷警報」の設定を始めたのは1999年12月で以来、毎年11月から4月にかけて発令されている。一般にいわれる「気温12度が寒冷の基準」、他に風速や相対湿度などの要因も考慮しているという。


 
寒冷警報は毎年1月に最も多く発令される。最も早い発令は09年の11月16日で、最も遅かったのは07年の4月3日。警報が最も長く持続したのは08年1月24日~2月18日、25日間続いた。


 
 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.