スタッフコラム

2019.11.19

スタッフコラム

【深セン】来年8月に5Gネットワークのカバー率100%に!

深セン市政府が「5G建設動員大会」を開催し、深センにおける5G発展の明確な進歩が通達された。年末には1.5万基の5G通信設備が設置され、来年8月には全市のカバー率100%を実現させるという。深センは5G産業の集積地、イノベーションの発祥地となり、世界レベルの5G産業のスタンダード都市になることを目指している。

 

 
近い将来、深センは5Gイノベーションが最も活発な都市として、また、5G応用や関連製品が最も豊富な都市に変化する。5Gに限らず、IOTしたネットワーク作業、無人運転を使ったスマートシティ、人工知能等を各領域、各業界に浸透させ、本当のスマート時代を作り上げる計画だ。

 

 
5G関連の研究開発に強い都市となりつつある深センだが、今回の大会で出されている目標としては、5Gの核心技術研究開発都市として研究開発イノベーションの中心地になるということである。

今年4月には深センは”広東省5G中高周波デバイス製造業イノベーションセンター”として、国家級の製造業イノベーションセンターを創りだすのと同時に人材育成も進めていき、世界レベルの5G核心技術チームを作る必要がある旨が発表された。

 

 
来年8月には4.5万基の5G設備が市内に設置され、5Gを応用した重点プロジェクトを進めていく。

本大会では、深セン市工業や情報化局分局、三大キャリアである中国電信、中国移動、中国聯通が”5G設備建設合作備忘録”に署名。これにより、5G設備の建設に当たり、全方位のパートナーシップが確立されたことになる。備忘録によると、2019年末に深センでは1.5万基の5G設備を建設し、2020年8月までに4.5万基を設置することが明記されている。深センの経済社会発展のニーズに合わせて、各キャリアは、交通、警務、都市管理、電力、水道、健康医療、教育、旅行、防犯、港等の十大領域の重点項目を優先して進めていき、5Gネットワークをカバーしていき、深センの工業IT、スマートモビリティ、AR/VR、8K放送、遠隔医療、スマート防犯、スマートエネルギー、スマートファクトリー、スマート港湾、スマートパーク等を整備し、5Gの応用デモンストレーション地区となる。

 

 
現在、深センは5G応用のデモンストレーション地区として全国でもリードする都市であり、すでに5G+スマート警務、5G+スマート医療、5G+スマートパーク等の地区が存在している。深センの十大5G重点項目は、政府部門と国有企業が5G商用化の初期段階ではデモンストレーション地域としての効果を発揮させ、全国でも先立って応用経験を積むことが可能となり、その経験を全国へ活かすことが可能となる。

 

 
また、年末にはスマートマルチ街灯の全市建設計画があり、基礎設備の投資プラットフォーム企業がスマートマルチ街灯の投資、建設、運営の仕組みを作り上げ、管理を行うという。

筆者が見かけた5G設備設置工事。南山区にて深セン電子情報産業が発達し、基盤と条件を作り上げ、5G産業の集積地となる。深センは深セン香港イノベーション合作区の重点的な育成と建設を進めており、龍華九龍山、龍崗宝龍科技城、深セン汕頭ロボットパーク、前海現代サービス業合作区等、五大5G産業集積地を作る予定で、2022年末には生産高10000億元(約1兆5000億円)を超える5G集積地を2箇所作り上げるという。

 

 
5G対応端末も次々と発売されている中国。特に深センは5Gインフラの整備が早く、今後も世界をリードしていくことだろう。

 

 
 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.