スタッフコラム

2020.03.20

スタッフコラム

【日本】和牛保護法案を閣議決定「海外流出 」罰金1000万円..2018年には大量の遺伝資源が中国へ


 

日本政府は和牛の遺伝資源(受精卵と精液)の海外流出を防ぐための関連2法案を閣議決定した。


 
新たに制定された家畜遺伝資源不正競争防止法案は、遺伝資源を不正に海外に持ち出した場合、10年以下の懲役または最大1000万円の罰金を科す。国内外で人気が高い和牛の保護を徹底する。


 

中国に遺伝資源が大量に持ち出されそうになる事件が2018年に発覚。


 
畜産農家から対策を求める声が高まり、農林水産省が法改正の検討を進めていた。江藤拓農水相は閣議後記者会見で「日本の宝である和牛をしっかり守っていく」と述べた。


 
またブランド果樹など国内で開発された新品種の海外流出を防ぐため、種苗法改正案も閣議決定された。新品種の開発者が栽培地域を限定できる規定を新たに設け、違反すれば10年以下の懲役または最大1000万円の罰金を科す。


 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.