スタッフコラム

2019.11.05

スタッフコラム

香港政府発表 7~9月期の香港GDP、デモの影響で2.9%減

香港政府は2019年第3四半期(7~9月)の実質GDP(域内総生産)が前年同期比2.9%減少したと発表した。前期(0.4%増=確定値)からマイナス成長に転じた。前期比(季節調整済み)では3.2%減と、経済失速が鮮明となった。

 

政府報道官は「域内の社会的な問題(抗議活動)による打撃が深刻で、香港経済がテクニカル的な景気後退に陥った」と指摘した。四半期として、世界経済が停滞した2009年以来で、もっとも大きい落ち込みとなった。世界経済の停滞や米中貿易摩擦の影響も波及しているという。香港経済は、第1四半期(0.6増)と第2四半期(0.4増)から急激に悪化し、1~9月期のGDPは前年同期比0.7%減少した。

 

個人消費支出は前期(1.3%増)から悪化し、3.5%減少。個人消費支出がマイナスに転じるのは10年ぶり。固定資本形成総額は16.3%減で、前期(10.8%減)から下げ幅が拡大した。

第3四半期は輸出が7%減で、前期(5.4%減)から落ち込みが拡大。輸入も11.1%減で、前期(6.7%減)から鈍化した。サービス輸出は13.7%減で、前期(1.1%減)から大きく落ち込み、03年以来最大の下げ幅となった。サービス輸入は3.8%減で、前期(1.3%増)からマイナスに転じた。

 

 
 
 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.