スタッフコラム

2020.08.09

スタッフコラム

中国内の映画館、7月20日再開はわずか興行収入350万元余


 

中国紙.21世紀経済報道などによると、中国国家映画局が新型コロナウイルスの「低リスク地区」を対象に178日ぶりに映画館の営業再開を認めた7月20日、国内で実際に再開した映画館は1割にも満たなかった。映画市場調査の灯塔専業版のデータによると、再開初日の全国興行収入は350万元余り。鑑賞劵の平均価格は全年平均の37.12元を下回る22.7元だった。再開した映画館が多かった都市は、上海市、浙江省杭州市、湖南省長沙市、四川省成都市など。北京市は依然、全館が営業停止中。


 

上映された作品のうち唯一の新作は、ウイグル族の少年少女の成長を描いた「第一次的離別」で、20日の興行収入は136万元余りでトップだった。以下、「誤殺」「リメンバー.ミー」「戦狼2」「美人魚」など旧作が続いた。


 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.