スタッフコラム

2021.06.12

スタッフコラム

多くの人に愛されている『中国八大料理』①

魯菜 (山東料理)
特長 中国四大料理のひとつにも挙げられる魯菜(ルーツァイ)。塩を使ったシンプルの味が特長で、食材の旨味を最大限に活かすことに長けている。また、明、清の時代には宮廷料理の主流として、北京や天津など、周辺の地域に大きな影響を与えたという。現在は「済南料理」と「膠東料理」に分けられ、前者は「白湯」などの伝統な山東料理、後者は海の幸を使った海鮮料理が定番である。


・エリア:山東

・代表料理

「糖酢鯉魚(鯉の唐揚げ甘酢あんかけ)」

「油爆双翠(豚と鶏のホルモン煮)」

「一品豆腐(豆腐炒め)」

 
川菜 (四川料理)
特長 中国四大料理のひとつにも挙げられる川菜(チュアンツァイ)。川菜と聞くと「辛いだけの料理」と想像する人が多いが、実は「三椒(唐辛子・胡椒・花椒)」と呼ばれる3種類の香辛料がつかわれており、奥深い味わいが楽しめる。また現在、川菜は外国人も食べる機会が多くなったおり、辛さが抑えられた川菜も登場し、グローバル化しているという。また「氷粉」や「豆花」などのスイーツも有名。


・エリア:四川、重慶

・代表料理

「水煮魚(魚を切り身鍋)」

「麻婆豆腐」

「回鍋肉(ホイコーロー)」

 
粤菜 (広東料理)
特長 中国四大料理のひとつにも挙げられる粤菜(ユエツァイ)。「飲茶」や「フカヒレの姿煮」などが代表的な料理で、食材本来の味わいを引き出すことを第一とし、世界中で親しまれいる中華料理と言える。味付けは蒸し暑い気候も影響し、あっさり。また、広東料理レストランに行ったなら、ぜひスープを楽しんでほしい。


・エリア:広東

・代表料理

「蜜汁叉焼(チャーシュー)」

「白切鶏(茹で鶏)」

「焼鹅(ガチョウをロースト)」

 
江蘇菜 (江蘇料理)
特長 中国四大料理のひとつにも挙げられる江蘇菜(こうそしょう)。中国の東部に位置し南北にまたがる。長江が熊大に流れ、魚介類と水稲が豊富にあるため、海鮮を中心とした料理が多い。味わいは濃厚でいて淡白、柔らかくて甘みのある塩味が特長だ。また料理の盛り付けも美しく、公的な祝宴などで重宝されている。さらに四季折々の食材を取り入れるため、旬の味が楽しめるという。


・エリア:江蘇

・代表料理

「叫化鶏(鶏の蓮の葉蒸し)」

「獅子頭(肉団子のスープ蒸し)」

 

不動産NAVI
ウェブ:http://www.fudou3navi.cn
メール:kato@fudou3navi.cn

<羅湖オフィス>
住所:深セン市羅湖区深南东路2017号华乐大厦506室
電話:0755-2584-5960
加藤携帯:159-1988-8210

<南山オフィス>
住所:深セン市南山区海岸城東座225号
電話:0755-2511-4770

contact
先頭

粤ICP备17097447号-2
copyright© 不動産NAVI all right reserved.